【レポート】『劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ』応援上映のススメ

2018/03/11、TOHOシネマズ上野にて行われた応援上映イベントに参加しましたー!

 

当日は安野希世乃さん(カナメ・バッカニア役)の舞台挨拶も行われたのですが(14:50の回上映後、18:10の回上映前)、そちらの内容は別途お伝えするとして。

 

応援上映で会場の皆様が発した面白い応援を幾つかご紹介します!(当然マイクなど通してないので席によって聞こえる聞こえないの差があり、よく聞き取れなかったけど笑いは起きている・・・というケースも多々ありました。残念。その辺りはご勘弁を~)

 

 

※えーと、当然のことながらネタバレはしますよ?

というか見てない人には何のことかわかんないと思いますけど!!

 

「止まるんじゃねえぞ!」

ワルキューレに入ったばかりのフレイアが紐で結んだタイヤを引き摺りながらランニング、という古典的な訓練シーンでこれまた古典的にズッコけたシーン。

 

・・・はい、いきなりの関係ない他作品ですね(笑)。

 

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズの、鉄華団団長オルガ・イツカの最期の台詞です。もはやオタ界隈では定型文と化していますが、彼のメッセージは銀河にも轟いていたようです。

オルフェンズの涙

オルフェンズの涙

 
第48話 約束

第48話 約束

 

 

 

シャロンは?」

フレイアが憧れる歴代マクロスの歌姫を挙げていくシーン。

 

マクロスプラスシャロン・アップルがいないことに対するツッコミ。まあ我々が目にしている他にもマクロス世界には歌姫いるのかもしれないですしね。

 

あ、歌姫って言いましたけど、Fire Bomberにはミレーヌがいますし、バサラも公式に歌姫扱いっぽいですしね?(ゲームのCM見る限り・・・)

 

 

 

「泣かないで!」「泣け!」「泣け?(笑)」

カナメたちの歌う「涙目爆発音」に思わず入ってきてしまったことを謝るフレイアに「あなたはもうワルキューレの仲間なんだから」と カナメ、そして泣いてしまうフレイアに対して。

 

ちょっと男子ー!

 

あ、このヴァージョンの涙目出していいのよ?って意見もありました。

(↓こちらは通常版)

涙目爆発音

涙目爆発音

 

 (↓通常版収録円盤)

【早期購入特典あり】Walkure Trap!(初回限定盤)(CD+DVD)(クリアファイル付き)

【早期購入特典あり】Walkure Trap!(初回限定盤)(CD+DVD)(クリアファイル付き)

 

 

 

 

 

「日笠さーん!」「日笠ー!」

日笠陽子さん演じる旧ワルキューレメンバーのクレア・パドルが登場したシーン。

 

キャラが出ただけで声優さんの歓声が上がるとか・・・さすが、芸人活動の傍ら声優業でも活躍される日笠さんの人徳が伺えますね!(おい)

涙目爆発音?with Claire?

涙目爆発音?with Claire?

  • アーティスト: ワルキューレ/(カナメΔ安野 希世乃/クレアΔ日笠 陽子/レイナΔ東山 奈央/マキナΔ西田 望見)
  • 出版社/メーカー: FlyingDog
  • 発売日: 2017/01/25
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 

 (↓収録円盤)

ワルキューレがとまらない

ワルキューレがとまらない

 

 

 

 

「揺れてる、揺れてる」「あんま揺れるとタレるぞ?」

なかなか活動が進展しない旧ワルキューレでマキナが自前の衣装を着てきたシーンの乳揺れに対して。

 

大丈夫だよ!2次元のおっぱいには夢と希望が詰まってるんだよ!

 

シェリルが言うには天然モノでないのも多いようですし・・・あ、マキナは天然ですよ?きっと、いろんな意味で・・・ゲフンゲフン)

 

 

「何歳?」「チャンチャイ!」

誕生日を祝われたことも過去の記憶もない女、美雲・ギンヌメールに対して。

 

結構なネタバレだ!(大丈夫、みんな知ってる)

 

 

「何でそこ光ってんの?」「演出」

カナメ、レイナ、マキナの前に美雲が初登場して急に歌うよ~、なシーン。

 

何故か美雲の足下から謎の光が放出されてますが、まあワルキューレのブリッジならそれくらいの空気読むんでしょう、きっと(超科学)。

 

「もっとそこ光って!」「ポワッと!」・・・君達別な何かを期待していないか?

 

 

「アナタです!」

「星の歌い手」の話題が出るシーン。

 

美雲がかわいらしく左の人差し指を頬につけているのですが、あ、これネタバレやったんや・・・(本人にも自覚ないネタバレ)

 

 

「そりゃ嵐や!」

過去回想、ショタロイドがショタキースに「銀河に新たな風を巻き起こそう」と言うシーン。

 

嵐(ジャニーズ)のデビューシングル「A・RA・SHI」のことですね・・・一瞬何のことかとオモタ。

 

思わず思いついたことが口を出るのも応援上映のいいところ。いいぞ、もっとやれ!

A・RA・SHI

A・RA・SHI

 

 

 

「抱きしめて貰えてよかったー!」「うらやましー!」

メッサー最期のシーン。

 

TV版では白騎士(キース)の放ったビームがコクピットを直撃しましたが、劇場版では奇跡の回避を行い、カナメのもとに辿りつくことが出来ました・・・。

 

うーん、こうして考えるとハヤテとフレイアの悲劇性がそこまで前面に感じられない分(特にハヤテ)、メッサーとカナメの関係性の方がある意味主役のように印象深くも感じられます・・・。

 

 

ワルキューレは裏切らないぞ!

ロイドの策略で捉われたワルキューレウィンダミアに寝返った、かのような声明に対して。

 

作り手的にもそのツッコミを待っていた!というシーンだと思いますので。

 

終盤の「ワルキューレを止めろ!」に対してもきっと同様のツッコミがあったのだろうと思います(聞こえなかったけど)。

 

 

 

「嬉しそうにするなー!」

捉えたカナメ・レイナ・フレイアの前に現れたロイドに対して。

「優しい!」「ありがとう!」

マキナ・中島なら医務室で治療している。命に別状はない」(ロイド)

 

ロイドに対する罵声が続く中、いいことには感謝の念も忘れない、みんなええ子や・・・

 

 

 

美雲・ギンヌメールは、科学班で体の分析をさせている」(ロイド)

に関しては、みんな叫びすぎててよくわかんなかったですが、時間差でホンネが指摘されました。

「美雲の裸見たいだけだろ!」

美雲を調べればフレイアの結晶化の抑制・治療も可能かも、というロイドの提言に対して。うん、気持ちはわかる(深頷)

 

 

「根拠あんのかー!」という正論も(ロイドの言ってることは何処から何処までが本心なんや・・・という意味でまさしく政治家な感じですね)

 

 

そして朗々と語るロイドの口上が続く中、

「だからお前キライなんだよ!」

と率直な感想が(笑)。

 

 

全部かけてんのかソレ!

 ロイドのメガネコレクションに対して。

 

似合うかわかんないけど買っちゃった服とかあるやん・・・?

 

 

質問に答えろ!

「お前は陛下の歌声を感じたことはないのか?」(キース)

「全ては勝利の為。我々は負けるわけにはいかないのだ」(ロイド)

 

国会答弁ですか(笑)

 

 

「まさかワルキューレポーズ?」

メッサーの今の写真と昔の写真。無愛想に立つ現在の写真に対し、かつての仲間たちとの写真では口元に笑みを浮かべながらそれらしいポーズを取っていたのですが・・・

 

ん・・・ワルキューレに・・・見えなくも・・・どうだろ?

 

あと、今の写真に関しては「ハヤテかわいいー!」「みんなかわいい!」と幼さを感じさせる作画にkawaiiの賞賛が。

 

「うぉーううぉ うぉうぉっうぉ(苦笑)」

フレイアが声を絞りだして「ルンがピカッと光ったら」を歌い出すシーン。

 

会場も一体となって合いの手を入れるのですが、如何せん元のフレイアの声が低いのに加えて大半が男性陣の野太さクライマックスな為、「何なんだコレ・・・」と自分たちでもやってて笑いを堪えられなくなってしまいました(笑)。

ルンがピカッと光ったら

ルンがピカッと光ったら

 

 

 

「間近で見られてうらやましー!」

独房を脱出したフレイア・カナメ・レイナ、発砲してくる兵士に対し「一度だけの恋なら」を歌いながら近づいていくシーン。

 

そりゃ兵士さんも卒倒しますわ・・・

 

安野さんは「当たらなかったからよかったけど」と素直な感想を仰ってました、大丈夫、歌は神秘!

一度だけの恋なら/ルンがピカッと光ったら

一度だけの恋なら/ルンがピカッと光ったら

 

 

 

 

 

まとめ

 

・・・はい、そんなわけでレベル高かったり率直だったり、皆さんいろんな声援(罵倒?)を送っておられましたが、とにかく愛だけは感じられる内容でした。

 

そう、歌は愛!

 

この愛が少しでも文中から感じ取っていただければ幸いです。

 

 

ちなみに安野さんのお話(コール&レスポンス)のおかげで

・「がんばれメッサー!」

・「おのれ!ワルキューレ!!」(ボーグ)

の声援が多かった感じですよ。

 

 

次やるならどんな掛け声が繰り出されるのか?

 

またの機会がありましたら、皆様ぜひご参加下さい~。

LIVE2017“ワルキューレがとまらない

LIVE2017“ワルキューレがとまらない"at横浜アリーナ [Blu-ray]